ゴミとゴミ収集車

中古パッカー車を選ぶ際の3つのポイント

水色のパッカー車

パッカー車とは圧縮する装置を持ったトラックのことで、ごみ収集や造園業などで使用される車両です。パッカー車はごみの圧縮形式と排出形式によって、いくつかに分類されます。圧縮形式は収集したごみを圧縮して荷箱に収集することで、3種類あります。1つはプレス式、巻き込み式、ロータリー式です。排出方式は押し出し式とダンプ式があります。つぎに、中古パッカー車を選ぶポイントは3つあります。
1つ目は押し込み板の摩耗状態を確認することです。圧縮を行う押し込み板の先端は摩耗していきます。激しく摩耗している場所があったりすると、細かなごみが投入口に残ったままになってしまいます。
2つ目は連続単動切り替えスイッチの有無です。このスイッチで回転板、圧縮板の動かし方の選択をすることができます。家庭ごみの収集車ではこのスイッチがついているのは禁止ですので、注意しましょう。
3つ目は排水口の有無です。水気の多い家庭ごみなどを収集する場合には汚水が溜まりやすいので、排水口がないと不衛生になってしまいます。自身の作業環境にあった中古パッカー車を選ぶことがベストです。自分の作業環境にどの形式が合うのか相談もできるので、中古パッカー車は専門業者で購入することをお勧めします。