ゴミとゴミ収集車

パッカー車を中古で購入するならエンジンの状態で判断しよう

ゴミ収集中

中古パッカー車は専門業者で購入でき、新車に比べて納期面や価格面でのメリットがあります。ベース車両を購入後、架装工場でパッカー車にカスタマイズするには納期や費用がかかります。しかし、中古パッカー車なら既に実物が存在し、価格も安く購入することができます。ですが、パッカー車は一般的な中古車と同じような基準で選定するのは適切ではありません。
中古車を購入する際、年式や走行距離、外観で購入するのが一般的です。しかし、パッカー車は構造上、エンジンからゴミを圧縮する動力を得ているため、エンジンへの負荷が大きくなります。一方、走行距離だけならエンジンが常に高負荷になることもありません。高年式で走行距離が少ない中古パッカー車だとしても、毎日短距離で何度もゴミを圧縮している場合、エンジンの状態が悪くなっていることもあります。
一方で、郊外のようにゴミ回収頻度が少なく、走行距離だけ増えている状態の良いものもあります。外観などは補修や再塗装でメンテナンスが可能です。まずは、中古パッカー車を選ぶ際には実車でエンジン起動し、走行や負荷をかけて異音がしないかをチェックしましょう。また、買取後にエンジンのオーバーホールを行ったり、一定期間のエンジン保証がある専門業者を選ぶのも安心したい時のポイントになります。