ゴミとゴミ収集車

パッカー車を中古で購入する際には汚水タンクをチェックしよう

橋を渡るパッカー車

生ごみなど水分を含むものを回収する目的で中古パッカー車を購入する際、動力部分や駆動部分、外観だけで判断するのには注意が必要です。中古パッカー車は専門業者で購入できるものの、実車確認を行う際には汚水タンクの有無、汚水タンクの状態や補修についても確実にチェックする必要があります。
中古パッカー車といっても、エンジン部分はオーバーホールされたり、ゴミを圧縮する回転板やプレス板の交換、外装の補修や塗装が行われキレイに仕上げられています。しかし、目に見える部分、気付きやすい部分だけメンテナンスされ汚水タンクは購入した時点のままということもあります。汚水タンクからの水漏れは環境汚染だけでなく、使用時にはクレームに直結します。そのため、汚水タンクからの水漏れがないかもチェックできる専門業者を選ぶ必要があります。
また、購入を決定する際には汚水タンクがあるかもチェックしておく必要があります。前のオーナーの使用目的が水分を含まないごみ回収だった場合、汚水タンクがないパッカー車もあります。いざ購入して使用した際にタンクがないというケースもあり得ます。後から簡単に取り付けできるものでもないため、購入時点で専門業者に確認しておく必要もあります。まずは汚水タンク有無からチェックを行いましょう。